蘿(つた)神社

鎮座地 福岡県宗像市陵厳寺3ー4ー1

JR鹿児島線「教育大前」下車 徒歩10分

DSC00013

御祭神

イザナギノミコト・ イザナミノミコト・ スサノオノミコト

一の鳥居

一の鳥居

由緒

境内に由緒について説明書が無かったので『福岡県神社誌』と『筑前国続風土記拾遺』を転記します。

一の鳥居 額束

一の鳥居 額束

『福岡県神社誌』

往昔、蔦ヶ岳に出現したまひしより社号を蘿大神と尊敬す。古来蘿岳の主神として頂上に祭らる。永祿年間宗像大宮司氏貞此の山に城を築し時不思議の事共多く、依って今の所に神祠を移したりと古老の伝に云う。

陵厳寺全部を氏子とし、其の尊崇浅からず。明治5年11月3日村社に定められる。

筑前国続風土記拾遺巻之38』

赤城山に在。産神也、社説に蘿ヶ岳に鎮座し給ひしを、永祿年中だい宮司氏貞此地に移されしと云。旧社の地今知られず。宗像末社記に津田明神あり。吉富村位賀氏奉祀す。

DSC00004

参道

拝殿

拝殿

本殿

本殿

DSC00007DSC00006

DSC00008

境内 石祠

DSC00010

境内 石祠

裏参道鳥居

裏参道鳥居

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)