豊山(ぶざん)神社

鎮座地  福岡県福津市勝浦1776

国道495号から望む一の鳥居

国道495号から望む一の鳥居

御祭神  大山津見神(おおやまづみのかみ)

記紀神話の山の支配神で伊邪那岐神、伊邪那美神の御子。

御神殿

御神殿

昭和48年津屋崎町教育委員会が明治百年記念として発刊した『つやざき』より

《勝浦の向戸(西東の山、田島の牟田尻に越す所)にある。神社帳によると、祭神は保食神(うけもちのかみ)、加具槌神となっており、延享5年(1748)5月豊前国英彦山から勧請したと言われる。毎年9月14日御神幸の行事が行われて》

草に覆われた一の鳥居。田舎の風情を感じさせられます。

草に覆われた一の鳥居。田舎の風情を感じさせられます。

二の鳥居

二の鳥居

二の鳥居の額束

二の鳥居の額束

豊前国英彦山から勧請されたので豊山(ぶざん)神社としたのではないかと思われます。又、勧請当時、英彦山高住神社等の修験者がいたのではないかと言われている。

 

参道の石段

参道の石段

苔むした石段。

苔むした参道の石段。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)