水鏡(すいきょう)天満宮

鎮座地   福岡市中央区天神1-15-4

西鉄バス「市役所北口」下車スグ。

ビルが立ち並び、自動車の行き交うビジネス街の一角に鎮座してます。入口は狭いが奥行きが広く、境内は静かで落ち着く神社です。

参拝したのは平日の昼間でしたが、一人で、二人ずれ、あるいは数名ずれなど、参拝者が絶えませんでした。

DSC00037

ご朱印

筑前國続風土記巻之三 「水鏡天神」の記述。

福岡の東橋口にあり。九月廿五日祭あり。社家に云傳るは、菅君大宰府に左遷せられたまふ時、御船袖の湊に著けるに、船よりあがらせ給ひ、四十川に臨て水鏡を見給ひ、罪なくて咎を蒙り給ひける心中の欝念に、御容のおとろへ給ふ事をなげきたまひぬ。

後人此所に御社をたてて、水鏡の天神と號す。又容見の天神とも名づけ侍る。四十川のほとりにあれば、四十川の天神とも申す。四十川と名づけしは、其本縁しれず。

御祭神   菅原道真

DSC00006

境内の説明板

御由緒

延喜元年(901)菅原道真が大宰府権師に左遷されて博多に上陸の時、四十川(しじゅかわ、現在の中央区今泉)の清流を水鏡として姿をうつし、水面に映った姿を見て、あまりのやつれように嘆き悲しんで、まるで死人のようだと嘆いたといわれています。

これによりこの川は「死時有河」とよばれるようになった。と『大宰府系天神縁起の世界』には説明しています。前述の筑前國続風土記では「四十川と名づけしは其本縁しれず」と書いてあるが、この「死時有河」がいつからか「四十川」と呼ぶようになったのではないかとわたしは推測しました。

その時道真が杖で、川の水をかき乱したため、そののち川の水はいつも濁り、澄むことはなかったと伝えられています。

後世その地に社殿を建てて水鏡天神、又容見(すがたみ)天神といった。

慶長17年(1612)初代藩主黒田長政が福岡城の鬼門除けとして福岡市本庄町(今泉)から現在の天神に移築遷座し、寛永18年(1641)二代藩主黒田忠之が社殿を再建。

福岡市の中心「天神」とは、菅原道真のことであり、地名はここから来ている。

DSC00009

日本語、英語、韓国語、中国語の説明板

御催事

・1月7日   鷽(うそ)替

DSC00025

鷽の石像   菅原道真が蜂に襲われた時、鷽の大群が飛んで来て助かったと言い伝えられている。

・7月24・25日  夏祭(がんぞい)

・10月24・25日 秋祭

DSC00001

北側(昭和通)の鳥居

DSC00002

北側鳥居の額束。  福岡藩最後の藩主・12代黒田長知の子、黒田長成の書。

DSC00005

神社正面の鳥居。

DSC00008

正面鳥居の額束。福岡出身の第32代総理大臣、広田弘毅の小学校時代の書。広田弘毅は戦後、A級戦犯として、南京虐殺事件の外交責任を問われ、文官中ただ一人絞首刑。

DSC00023

句碑。「幾山河  越えて木し 野の  涼しさよ」 汀子

DSC00010

神社入り口の御神門。神社は朱色の透塀に囲まれている。

DSC00012

境内遠景

DSC00011

境内池の鯉。

DSC00034

拝殿前の語神門。

DSC00027

拝殿   拝殿の周りは玉砂利が敷きつめられ、歩くたびに心地よい響きです。

DSC00018

拝殿の扁額

DSC00016

拝殿内部

DSC00017

拝殿内部の扁額

DSC00022

本殿側面

DSC00013

狛犬(吽形)

DSC00014

狛犬(阿形)

DSC00015

臥牛像

DSC00019

社内神社   荒木田稲荷神社

DSC00020

社内神社  金丸神社

DSC00024

猿田彦大神

DSC00026

境内の草木はよく手入れされており、目を癒してくれます。

DSC00035

石造りの彫り物《梅》

菅原道真公関連の神社は下記にも紹介しております。ご覧下さい。

綱敷天満宮 ・ 鏡天満宮

DSC00033

境内に咲く花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)