岩崎神社

鎮座地  糟屋郡志免町大字志免1452番地

西鉄バス 「下志免」下車、 徒歩3分

志免は国鉄志免炭鉱のあった所で、SLの燃料炭として九州各地に

積み出され、盛んな時は年産50万トンを記録したが、SL廃止で昭和39

年に閉山しました。

DSC00150
境内

ご祭神  海津見命(わたつみのみこと) 〔海の神〕

玉依姫命(たまよりひめのみこと) 〔神武天皇の母〕

伊奘諾命(いざなぎのみこと) 〔国生・国固めの神〕

筒 男 命(つつのをのみとと) 〔航海守護の神〕

息長足姫命(おきながたらしひめのみこと) 〔戦の神〕

DSC00132
境内案内板

ご由緒     昔、宇美八幡宮の注連縄を張っていたことから、村の名を「志免」と

呼ぶようになったといわれています。

文化9年(1812) 「岩崎大明神」の鳥居が奉納される。

萬延から慶応(1860~1867)の頃牛馬の悪病が大流行し、その

平癒を祈願、大願成就を感謝し、村の若者達による相撲を奉納。

これが「石投相撲」の起源となっている。

※石投相撲  相撲大会で熱狂のあまり、石を投げ合ったことからこのように

名付けられた。「相撲三十三手」の奉納や「赤ちゃん土俵入り」

少・中学生の個人戦や団体戦がくりひろがれる。

明治5年(1872)神仏分離により村社に定められ「岩崎神社」となる。

昭和4年(1929)郷社に昇格。

昭和48年(1973)社殿改築、社務所新築。

DSC00136
注連縄柱と拝殿
DSC00147
拝殿扁額
DSC00140
本殿側面
DSC00154
文化9年(1812)建立の三の鳥居
DSC00155
「岩崎大明神」と刻まれた三の鳥居の額束
DSC00125
一の鳥居と参道
DSC00127
狛犬
DSC00128
狛犬
DSC00137
絵馬堂  平成12年(2000)二十世紀最終年を記念して建立された
DSC00139
志免町指定有形民俗文化財 「黒田二十四騎図」絵馬。
絵馬堂の正面奥に掛けられている。縦123.5cm、横72.4cm。
「安政三丙辰年六月祥日」奉献。
DSC00153
庚申塔
DSC00156
石碑 「外務大臣広田弘毅 書」と刻まれているが何の碑かは、枝に覆われて読めなかった。
DSC00141
境内末社「秋葉宮」 御祭神 迦具土神
DSC00144
境内末社「天満宮」 御祭神 菅原道真
DSC00145
境内末社「神武天皇社」 御祭神 神武天皇
DSC00146
境内末社「恵比須社」 御祭神 事代主神

御祭礼(三大祭)

祈年祭    2月25日

例 祭   10月16日

新嘗祭   11月25日

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)