光雲(てるも)神社

鎮座地  福岡市中央区西公園13-1

「さくらの名所100選」の一つで春は桜見で賑わう西公園の中腹に鎮座しています。

DSC00031

参道の階段を登ると神社に着きます。

DSC00032

参道に立てられている『2014年大河 軍師官兵衛』ノボリ。
「みんなで盛り上げよう 福岡」と書かれている。

御祭神  黒田孝高(官兵衛のちの如水)

      黒田長政(孝高の息子・初代福岡藩主)

孝高の法名(龍院殿)の「光」と長政の法名(興院殿)の「雲」の一字づつ採り「光雲神社」と名づけられた。

DSC00092

ご朱印

御神徳  不明ですが、如水の祖父・重隆は、目薬の製造販売をしていたので

      眼の病に御利益があると云われています。

DSC00028

一の鳥居

DSC00033

二の鳥居

DSC00034

二の鳥居の額束

御由緒  六代藩主黒田嗣高(1703-1775)が福岡城内に創建。明治4年

廃藩置県により、黒田家が東京に移転されることになり、有志等が

十一代藩主長溥に懇願し、明治4年8月旧社地の小烏吉祥院跡

(現在の警固神社の近く)に神社を移した。

明治44年4月西公園に新社殿落成移転。昭和20年6月19日の

福岡大空襲で消失したが、昭和41年10月30日に現在社殿に鎮座。

DSC00038

境内の説明板

DSC00044

拝殿。正面の賽銭箱にお賽銭をいれると、鶴の鳴き声がします。

DSC00045

拝殿の扁額

DSC00061

本殿側面

DSC00047

DSC00048

狛犬二体。不思議なお顔と思いながら、正面からシャッターを切ったが、後で聞くと首が後ろを向いているそうで、横から撮影するとはっきりするとのことであった。これは先代の形を踏襲したもので、城内にあったとき、場外の領民を守るために首を後にむけていた。

DSC00040

長政愛用の水牛の兜像
慶長5年(1600)関が原の戦いだ徳川方の先陣を承った黒田勢は合渡川(旧岐阜市の東)に進出した。連日の雨で増水していたが、家臣後藤又兵衛の進言で、夜中、強行渡河が決まった。長政の乗馬が先頭で足を滑らせ、危うく河中に転落の刹那、川辺の柳の枝に水牛の兜の緒がかかり難を避けることが出来た。この像は、長政の幸運にあやかり、勢作・奉献された。(光雲神社記)

DSC00043

母里但馬守太兵衛友信像
黒田25騎の一人で知勇兼備の武将で、主君長政の命を受けて福島正則に使いした時、禁酒の太兵衛が、なみなみと注がれた大杯の酒を自若として飲み干し、太閤秀吉より拝領の福島家家宝「名槍日本号」を持ち帰った。
像の下部には母里太兵衛をモデルにした民謡「黒田節」の歌詞が刻まれている。(神社内説明板)

DSC00056

摂社 堅盤(かきわ)神社
ご祭神  黒田重隆(如水の祖父) 黒田職隆(モトタカ・如水の父) 黒田忠之(二代藩主)
阿津姫(六代藩主継高の14女)

DSC00058

堅盤神社扁額
黒田家第15代・黒田長久の直筆

DSC00049

末社 荒津神社
ご祭神 神武天皇・大物主神・金比羅神

官兵衛の最後

関が原の合戦の四年目の慶長9年(1604)2月20日、山城伏見城下の

黒田家伏見屋敷で、59歳に生涯を閉じた。

死去地については、地元福岡という説もあります。

辞世の句

おもひをく言の葉なくてついに行く道はまよわじなるにまかせて」

長政の最後

領内の宗福寺、聖福寺、箱崎宮、宗像大社、大宰府天満宮に保護の手を

差し伸べるとともに、折尾村等に遠賀川から水路を引く治水事業もしている。

元和9年(1623)参勤交代の途中で病に倒れ、55歳の生涯をとじた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)