磯崎神社

鎮座地

福岡県糟屋郡新宮町大字新宮89

DSC00001

御祭神

  • 大己貴命オオムナチニミコト「大国主命=大国様」
  • 少彦名命スクナヒコノミコト
  • 素盞鳴命スサノオノミコト

御由緒

当神社は始め現在地より西方にあった磯崎の岬(新宮波止場付近)に鎮座していた、暴風や怒涛のため社殿の破損が心配されるため、村民がこの地に移さんと筑前藩主に願いでた。

貞享2年(1685)黒田光之がこれを許して、移転しました。波際に高さ1丈(約3m)長さ270間(約500m)の石垣を築き、松を植え、その東南にあたる現在地に本社を移し祀りました。元禄13年(1700)5月拝殿を建立、現在のものは昭和9年10月に造営された。

DSC00005

案内板

一の鳥居(大正8年6月建立)と二の鳥居(明治19年9月建立)

一の鳥居(大正8年6月建立)と二の鳥居(明治19年9月建立)

破損のため上部が切り取られた鳥居

破損のため上部が切り取られた鳥居

 

拝殿

拝殿

拝殿と本殿(側面)

拝殿と本殿(側面)

 

大国さま石像

大国さま石像

狛犬 (阿形)

狛犬 (阿形)

狛犬 (吽形)

狛犬 (吽形)

神使の牛像

神使の牛像

境内の南側に男石、北側に女石の陰陽石があり、子供のない婦人が北側の陰石に腰掛けて祈願すれば、子宝に恵まれると伝えられています

境内の南側に男石、北側に女石の陰陽石があり、子供のない婦人が北側の陰石に腰掛けて祈願すれば、子宝に恵まれると伝えられています

 

境内には南風湊神社・天満宮・宇賀神社・千代森神社・竈戸神社・恵比須神社の末社が祀られています

境内には南風湊神社・天満宮・宇賀神社・千代森神社・竈戸神社・恵比須神社の末社が祀られています

 

神社境内

神社境内

「磯崎の宮居も清き新宮の  なお行末を守れ神垣」 藩主黒田継高より奉詠された和歌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)