不動神社 (宮地嶽古墳)


    
日本最大級の巨石古墳
          不 動 神 社
鎮座地  福津市宮司元町7-1
       宮地嶽神社境内にある奥の宮のひとつ。
            DSC00016_20130103152104.jpg
ご祭神  不動明王
ご神徳  怒った顔つきをして、右手に剣、左手に縄を
     持ち、常に炎を背に石の上に座っている不動
     明王は、その形相から、悪魔や災害を除くと
     いわれる。
 参道
DSC00012_20130103153924.jpgDSC00013_20130103154637.jpg 
ご祭事
   初不動祭(孝養ロウソク神事) 1月28日
     お供えされた「孝養ロウソク」に不動明王の霊火を灯し
    家内安全、開運、厄除を祈願。
   春季大祭(ぜんざい祭)   2月28日
     一心に願いを込めて祈ると「善哉(よきかな)善哉(よき
   かな)」(ぜんざい・ぜんざい)と言って聞き入れてもらえる。
   一年の無病息災を祈りぜんざいをいただく。
   夏季大祭   7月28日
     ご神徳に感謝する。
 社務所風景
DSC00004_20130103161106.jpg DSC00006_20130103161157.jpg
          DSC00009_20130103161257.jpg 
                  手水舎
御由緒
 不動神社が祭られている巨石古墳は日本最大級の横穴式石室
を有している。
          DSC00003_20130103161816.jpg 
                  拝殿
  この古墳は、1個が高さ・幅共に5メートルを越す8つの大きな
 石を積み重ねて造られており、全長は23メートルにもなる日本
 最大規模の横穴式石室で国指定(平成17年3月2日指定)史跡。
  拝殿内部
DSC00001_20130103162809.jpg DSC00002_20130103162858.jpg
   案内版には、「寛保元年(1741)宮地嶽の山崩れにより
  初めてその口をあけ、延享4年(1747)に石室内に不動尊を
  祭った」とあり、古墳は不動神社と一体となっている。
   地下の正倉院と言われ、刀装具・馬具等約三百点が出土し
  その内十六点は昭和初期に確認され国宝に指定されている。
   豪華な副葬品から第40代天武天皇「?~686(在位673~
  686)」の第一皇子高市皇子(たけちのみこ)の母・尼子女(あま
  このいらつめ)の父、宗像君徳善(むなかたのきみとくぜん)の墓
  と考えられている。
          DSC00008_20130103165628.jpg 
                 案内版
   古墳の中は、普段は入口付近しか見ることが出来ないが
  初不動祭、春季大祭、夏季大祭には開門され、参拝者に公
  開される。 
          
参考図書
        海鳥社 アクロス福岡文化誌6 福岡県の神社
        福岡県文化百選9 歴史散歩編
        メイツ出版 福岡歴史探訪ウオーキング


DSC00012_20130103153924.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)