筥崎宮

        日本三大八幡            
            筥崎宮

鎮座地  福岡市東区箱崎1丁目22番1号
          JR鹿児島本線箱崎駅徒歩三分
         地下鉄箱崎宮前駅徒歩二分
 
          DSC00008_20121221161146.jpg 
             社号標 (東郷平八郎書)
御祭神  応神天皇(第15代天皇・八幡大神)
       神宮皇后( 応神天皇の母)
                  玉依姫命(神武天皇の母・海(水)の神)
 
           DSC00048_20121221161323.jpg
ご由緒 
 
   神功皇后の伝説に包まれている筥崎宮は宇佐神宮
  (大分県)石清水八幡宮(京都府)と共に三大八幡宮に
  数えられている。
           DSC00025_20121221163356.jpg  
              神功皇后伝説
                 
御神木「筥松」
           
神功皇后が応神天皇を出産した時
            胞衣(えな=胎盤など)を箱に入れ
            ここに埋め、そのしるしに植えた松。
            幾度か代替わりして受け継がれている。
             
              千早振る神代に植えし箱崎の 
                松は久しき志るしなりけり

古図 
DSC00041_20121221161548.jpg DSC00047_20121221161635.jpg
      
室町古図                福岡県名所図録図絵

   創建の時期は諸説あり断定は出来ないが、『八幡愚
  童訓』によると延喜21年(921)、醍醐天皇は神勅に
  より「敵国降伏」の宸筆を下賜され、ここに社殿を建立
  し、延長元年(923)に飯塚市の大分(だいぶ)八幡宮
  より遷座したとある。
 
          DSC00037_20121221161821.jpg
                   楼門の扁額
               小早川隆景が謹写拡大した。
                   縦 2.38m
                   横 1.46m
                 
   遷座の理由は大宰府の官人が参拝するのに不便で、
  また放生は 海で行なうもので山間では不適当という神託
  が下った ためとされているが、その 背景には、海外から
  の脅威に八幡神の威力を借りよう としたと云えられている。
   豪快で威風な社殿は、海を向き大陸をにらんでおり、
      参道はまっすぐに玄海灘へ向かっている。
  元寇の時は、敵国降伏の祈りが行なわれた。 
       社殿は風害や戦災に度々あい、文永11年(1274)には
 元軍 の襲来でも戦火に罹った.。
 
     DSC00018_20121221162109.jpg 
             蒙古碇石
DSC00038_20121221163958.jpg  DSC00024_20121221164054.jpg
    亀山上皇尊像奉安殿              亀山上皇立像
     (福岡県指定文化財)          福岡市東公園にある”亀山
                           上皇銅像”の原型となった木彫像。
                           博多出身の彫刻家、山崎朝雲作。
                           高さ約六メートル、重さ約一トン。
   永承6年(1051)には石清水八幡宮の別宮として、その支配
  をうけた。十一世紀の博多は対外貿易の要地となり、当宮の周
  辺は宋人などの交易従事者の居留地であった。
   また神仏習合思想に基づき社人と社僧が置かれ、明治
  の神仏分離まで境内には両者が混在する独特の景観が
  形成されていた。
          DSC00007_20121221162514.jpg 
             一之鳥居(国指定重要文化財)
            慶長14年(1609)福岡城主黒田長政の建立。
            鳥居の柱は三段に切れ、笠木島木は一つの
            石材で造られ、先端が反り上がり、貫と笠木
            の長さが同じで、「筥崎鳥居」と呼ばれる。
御神徳     厄除・勝運

          DSC00020_20121221163520.jpg
             楼門 (国指定重要文化財)
            文禄3年(1594)筑前名島領主小早川
            隆景が建立。建坪十二坪にたいして、
            八十三坪あまりの屋根を有している。
            「敵国降伏」の扁額を掲げていることから
            「伏敵門」とも呼ばれる。

          DSC00026_20121221163618.jpg 
             本殿・拝殿(国指定重要文化財)
            天文15年(1546)大内義隆が建立。
             (楼門から先は立ち入り禁止のため、
             楼門から撮影)

           DSC00031_20121221163813.jpg
                  回廊の一部

          DSC00001_20121221164254.jpg
                   高灯籠 
DSC00002_20121221164347.jpg DSC00004_20121221164428.jpg
       大鳥居                    大鳥居額束

DSC00009_20121221164521.jpg DSC00010_20121221164859.jpg
     狛犬(吽形)                     狛犬(阿形)

           DSC00019_20121221165028.jpg
            パワースポット・湧出石(わきいでいし)
                    招福・開運
              ここの石に触れると運が湧き出るといわる
              
 
DSC00028_20121221165143.jpg DSC00030_20121221165239.jpg
        東末社                     西末社
 ご祭神                     ご祭神
   池島殿 手足の守り神           龍王社 海・空の守り神
   武内社 不老長寿・健康の神       若宮殿 芸能文化の守り神
   乙子宮 子育ての神             仲哀殿 家族の守り神
   住吉殿 海上交通の守り神         厳島殿 旅行安全の神
   稲荷社 商売繁盛・田畑の守り神     民潤社 火除の守り神
神事
  DSC00042_20121221165404.jpg 
   玉せせり
    正月3日の神事。
     陰陽木製の二個の玉を御湯で洗い、
     三合三勺の種油をそそいで清め、
     締め込み姿の氏子が競り合い、玉を
     戴くと悪事災難からのがれ幸運を授か
     ると云われる。
 
      DSC00043_20121221165459.jpg
        放生会
          9月12日から18日まで行なわれる。
            博多どんたく、博多山笠と並び福岡市の
            三大祭りの一つ。
            放生会は「全ての生命あるものを滋
            しみ、秋の実りに感謝する」お祭り。
            起源は「合戦の間多く殺傷す、宜しく
            放生会を修すべし」とのご神託によって
            始まったと伝えられる。
            一年おきに御神幸が行われ、期間中は
            参道一帯に露天が立ち並ぶ。

            参考図書
             海鳥社  アクロス福岡文化誌6 福岡県の神社
             福岡県 編   文化百選  歴史散歩編
                     河出書房新社 西日本新聞社 各駅停車歴史散歩福岡県
             新人物往来社 日本「神社」総覧
             葦書房  福岡を歩く  

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)