宗像大社

      国家国民の平穏の神勅を受けた三女神を祀る              
               宗 像 大 社
               総社 辺津宮(へつぐう)
             DSC00062_20121021115210.jpg
鎮座地  福岡県宗像市田島2331
 JR鹿児島本線「東郷」駅下車。西鉄バス神湊行き10分、「宗像大社前」下車。
       
             DSC00005_20121021115545.jpg 
                           
  神社案内石碑「大社宗像神社」 
御祭神  市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
     宗像三女神を祀る神社であるが、辺津宮の近くの港、神湊(こうのみなと)
    から約11キロ沖の大島にある中津宮に湍津姫神(たぎつひめのかみ)、
    さらに50キロ沖の、「海の正倉院」と呼ばれる沖ノ島の沖津宮に
    
田心姫神(たごりひめのかみ) が祀られており、この三宮を総称して
    宗像大社と称すが、辺津宮を指す場合も多い。

御由緒  『記紀』によれば、宗像三女神は天照大神と須佐之男命
      が高天原で契約(うけい=神聖な占い)をしたとき、大神が
      須佐 之命の剣を三つに折り噛み砕いて吹き出した霧の中
      から生まれ、大神の神勅(神の命令)で北九州の玄海灘に
      降って海の守護神となるように命じられた。
           DSC00021_20121021115807.jpg
                   神勅
           天孫(あめみま)を助け奉(まつ)りて
           天孫に祭(いつ)かれよ
            (歴代の天皇をお助けすると共に歴代の
               天皇から篤いお祭りをうけられよ の意)
        
以来、国家守護の神として沖津宮・中津宮・辺津宮に鎮座
      されている。
     田心姫神が鎮座する沖ノ島は玄海灘に浮ぶ周囲四km孤島
    で島全体が御神体で女人禁制の島。現在は緊急避難港に
    指定されているが、男性も上陸のときは禊をしなければなら
    ない。
            DSC00047_20121021132221.jpg
                   三宮の位置図
御神徳  古代から国家守護・海上交通の守護の神として深い
      信仰を示して来た。遣唐使も航海の安全を祈願した
      と云われる。
      現在は新車購入の際に御祓いを受ける人も多い。  
  
DSC00001_20121021133642.jpg DSC00003_20121021133927.jpg
 500台駐車できる駐車場       大きくて立派な祈願殿
   広い駐車場と立派な造りの祈願殿が参拝者の多さを物語っている。

駐車場入口の一の鳥居
DSC00002_20121021155850.jpg DSC00057_20121021200115.jpg
一の鳥居をくぐり、ゆったりとした境内には池(心字池)が配してあり、
社殿には、池に架けられた石の太鼓橋を渡って参道を歩く。
DSC00058_20121021202217.jpg DSC00009_20121021202659.jpg 
     心字池                太鼓橋
DSC00012_20121021204207.jpg DSC00014_20121021204408.jpg 
        勅使館                手水舎
            DSC00016_20121021204946.jpg 
                    御神門
 
            大正14年(1925)建立。
             流破風造り、銅板葺。

DSC00017_20121022100944.jpg DSC00018_20121022101208.jpg 
     狛犬 (吽形)              狛犬(阿形)
【本殿・拝殿(国指定重要文化財)】
  現在の本殿・拝殿は弘治3年(1557)焼失したのち
 本殿は天正6年(1578)大宮司宗像氏貞により再建、
 拝殿は天正18年(1590)小早川隆景により再建された。
            DSC00019_20121022084519.jpg 
                    拝殿
             横六間入三間、梁間を正面に
             向けた切妻妻入造り、単層杮
             葺き。 
DSC00020_20121022084722.jpg DSC00023_20121022084923.jpg
       拝殿内部               拝殿扁額
           DSC00025_20121022085059.jpg 
                   本殿
            五間社流造り、杮葺きで桃山
            時代初期の特色をよくあらわ
            している。
 
【末社】
  現在本殿周辺に、22の社殿に127柱が祀られている。
 これは寛文2年(1662)、当時の宗像郡周辺の群の一部
 に鎮座していた75社、108神を元宮としてお祀りした。
DSC00026_20121022105639.jpg DSC00029_20121022110120.jpg 
                  御神木
DSC00030_20121022112803.jpg DSC00033_20121022113853.jpg
        楢の木                相生の樫
 
         高宮祭場・第二宮・第三宮参道入口
          DSC00051_20121022114810.jpg
DSC00050_20121022120134.jpg DSC00042_20121022120454.jpg
                  参 道
宗像三女神のうち。長女神(沖ノ島)次女神(大島)は玄海灘洋上に
鎮座しているため、第二宮と第三宮をお参りすれば宗像三神を拝した
と云われる。辺津宮を第一宮という。
昭和50年(1975)伊勢神宮より下賜された神宮古材で建設された。
DSC00037_20121022124106.jpg DSC00038_20121022124340.jpg
              第二宮(ていにぐう)
  沖ノ島・沖津宮  御祭神 田心姫神(たこりひめのかみ)
DSC00039_20121022124641.jpg DSC00040_20121022124834.jpg
               第三宮(ていさんぐう)
  大島・中津宮    御祭神 湍津姫神(たぎつひめのかみ)
           DSC00043_20121022131025.jpg
               高宮祭場(古代祭場)
           境内背後の宗像山中腹にあり
           宗像大神降臨の地と云われ、
           御殿はなく、庭上祭祀の形を
           継承している。
DSC00049_20121022132558.jpg 宗像山中腹からの遠景
 
 田心姫神鎮座の沖ノ島は昭和29年から三次にわたる学術調査が
行なわれ23箇所の祭祀遺跡と12万点に及ぶ祭祀遺物が発見され、
質・量ともに群を抜く秀品の数々は「海の正倉院」と呼ばれている。
 また、2009年に宗像大社と沖ノ島全体を含め、世界遺産暫定リスト
に追加掲載されている。
    参考資料・図書
       ・宗像大社発行 各パンフレット
        ・文化百選   西日本新聞社
        ・日本「神社」総覧   新人物往来社
        ・福岡歴史百景  後藤光秀著 葦書房
        ・全国神社大要覧  リッチマインド出版事業部
        ・各駅停車歴史散歩「福岡県」  西日本新聞社
        ・元気をもらう神社旅行  辰宮太一他著  JTBパブリッシング

                             
        
    
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)