平野神社

        福岡藩が生んだ幕末の勤皇志士を祀る
                          平 野 神 社
 
鎮座地  福岡市中央区今川1丁目7-4
ご祭神  平野二郎國臣大人命
               うしのみこと
 平野國臣は福岡藩が生んだ幕末の勤皇志士です。
 
DSC00058_20120927131055.jpg DSC00060_20120927131624.jpg
   鳥居より拝殿を望む             額束
 平野國臣は1828年(文政11年)に福岡市地行下町、
現在の今川1丁目に生まれました。
 
DSC00056_20120927131234.jpg DSC00068_20120927131336.jpg
   神社入口に建つ石柱        神社境内の石柱
 1845年(弘化2年)18歳で福岡藩に仕官。同年6月
の台風で破損した大宰府天満宮の楼門の修理に普請
方手附(土木営繕)としてあたる。
 1851年(嘉永4年)24歳のとき、宗像大社沖津宮の
普請方として赴任。 
          DSC00057_20120927131507.jpg 
               神社説明板
 
 1858年(安政5年)幕末動乱の世を案じ、「幕府滅亡・
日本統一」の自論を伝播するため脱藩し行脚をはじめる。
 薩摩では倒幕論を受け入れられず、その時の悲哀を詠
った。
    我が胸の 燃ゆる思ひに くらぶれば
         烟はうすし  櫻島山
 
          DSC00064_20120927131751.jpg
                  歌碑
 1863年(文久3年)但馬生野で倒幕の挙兵するも失敗。
 1864年(元治元年)7月20日惨殺。
    辞世の句
     
      憂国十年    東走西馳
      成敗在天    魂魄帰地
          DSC00078_20120927134430.jpg
            京都霊山歴史館 壁面      
同囚の村井政禮のメモ。
 「・・・既にして刑壇に声あり、動静ただならず、はるかに
  平野國臣の絶命の歌を朗吟する声を聞く・・・」
朗吟一過、刀声したがって断頭、の響きあり・・・。
壮大な大志はここに潰えた。享年37歳。 
                            参考資料 ; 平野神社発行 平野二郎國臣)
          DSC00062_20120927131921.jpg 
                  拝殿
          
DSC00065_20120927132120.jpg DSC00066_20120927133424.jpg               今生天皇生誕記念に         追慕碑の裏面
      建立された碑         金子堅太郎撰の説明
 
          DSC00076_20120927132243.jpg
             福岡市西公園の銅像
           1964年(昭和39年)
           平野國臣百年祭に再建された
  
          
               
    
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)