二日市八幡宮

     二 日 市 八 幡 宮
鎮座地  筑紫野市二日市中央3丁目6-25
        JR鹿児島本線 二日市駅下車 徒歩約5分
 
            DSC00220.jpg
            JR二日市駅
             元内閣総理大臣(61~63代) 佐藤栄作
             氏が24歳の時5ヶ月間駅長を務めた。
御祭神   玉依姫命
       応神天皇
       神功皇后
            DSC00223_20120807134318.jpg 
             
ご朱印

御由緒  鎮座以来凡そ1400年。社殿は筑前福岡二代藩主
     黒田忠之の建立で宇佐八幡宮の分霊も祀られました。
     文明五年の古文書には、二日市の宇佐八幡宮と称す
     と書かれています。
          DSC00203.jpg
          御由緒書板
御神徳  縁結び、安産、家内安全、開運
例 祭  春季大祭(4月第2土曜日)おんな神興
      夏季大祭(7月14日)   子供神興
      秋季大祭(10月15日)  御神行行列
DSC00215.jpg  DSC00219.jpg
神社入口                    社号石柱
    あまり広くはない境内に天然記念物の銀杏木の他大木が沢山あり
   緑の香りを感じることができます。

          DSC00211.jpg
          拝殿
          DSC00207.jpg
          本殿
          DSC00195.jpg 
          手水舎
DSC00200.jpg DSC00201.jpg
狛犬       吽形                       阿形
DSC00198.jpg DSC00199.jpg
御神馬                 御神馬説明
DSC00196.jpg DSC00214.jpg 
市指定天然記念物「御神木銀杏木」    御神木説明板
  「御神木銀杏木」には次のような話が語り継がれています。
   天正十四年(1586年)島津義久の率いる薩摩藩が岩屋城
   を攻め落とし、その帰りにこの銀杏木を伐ろうとしたとき、これ
   を聞きつけた百姓惣左衛門の妻が「これは当所氏神様の神木
   なり、伐ると神罰を受けますぞ、伐るならまず私を切ってからに
   しなさい」と木に抱きついた。
   島津軍は恐れをなし、立ち去ったといわれています。
          DSC00205_20120807142414.jpg
         境内社   大神宮(祭神・天照皇大神)       
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)