摩利支神社

          摩 利 支 神 社
鎮座地  福岡県宗像市東郷一丁目6番7号
           宗像市役所近くに鎮座してます。 
  
          DSC00155.jpg
                   神社入口
ご祭神  天之御中主大神
(あまのみなかぬしおおかみ)
 
   珍しく、一神だけをご祭神とする神社。
   祭神の天之御中主大神は古事記の書き出しに、この世界を創出
  したとされる三神の最初に出てくる神。
   『天地(あめつち)はじめて発(ひら)くる時高天原に成りませる神
  の名は、天之御中主神。次に高御産巣日神(たかみむすひのかみ)。
  次に神産巣日神(かみむすひのかみ)・・・』(古事記より)。 
 
          DSC00153.jpg
                  神社名碑
          「摩利支」は梵名マリーチ(Marich)の音訳。
          威光・陽炎ということで、光、かげろうが
          神格化されたもの。日天の前にいつも疾走
          して、阿修羅の軍を調伏する神とされる。
                  日本の神様読み解き辞典 より
                 
ご神徳     勝運・商売繁盛・家内安全・学問成就 
        DSC00154.jpg
               御神徳石碑  
  御由緒
     創建は朱鳥五年(約1400年前)、時の宗像大領、
    秋恵氏が天地創造の神、天之御中主大神を祀り、
    後に、勝運、武勇の本尊として武士の間で崇められ
    ていた『摩利支天』が重なり摩利支神社となりました。 
 
         DSC00168.jpg 
                御由緒板

DSC00158.jpg DSC00157.jpg
          参道                    額束
    DSC00160.jpg 
          拝殿遠景
           DSC00161.jpg 
                   手水舎

DSC00164.jpg DSC00166.jpg 
         拝殿                   拝殿内部
     社殿は元禄十三年の大洪水で消失したが、第4代黒田光之が
     新築し、爾来、寛延元年、寳暦8年、天明2年、寛政8年、文政
     2年と修復が行なわれ、現代の拝殿は昭和53年に完成したもの。
     珍しく白壁の神社である。
狛犬 (武勇 の神様だけに厳しいお顔をしている)
DSC00162.jpg DSC00163.jpg
       阿形                   吽形
    
        DSC00169.jpg 
               本殿側面
            DSC00173.jpg 
                社内神社 恵比須社

        DSC00175.jpg
               藤棚
           満開の頃、もう一度訪れたくなるほど
           大きな藤棚です。

   
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)