綱敷天満宮

             綱 敷 天 満 宮

鎮座地   福岡市博多区綱場町5-6
        (西鉄バス 土井町下車 徒歩3分)
 
           DSC00142.jpg 
                   御神紋
御祭神   菅原道真
           DSC00137.jpg
                   神社石柱

神社説明
        菅原道真公が太宰権帥(だざいごんげんのそつ)
      として左遷され、大宰府へ赴任するために昌泰四年
      (901年)袖湊に上陸した時、敷物がなかってので
      住民達は船の綱を輪にして座をつくり出迎えた。
      
      もと沿岸部にあったが詳しい場所は不明である。
      戦乱で転々とし慶長1年(1596年)に現在地に
      社殿が建ったといわれています。
 
      当初は『綱輪天神』と称されていたが、訛って『綱場』 
      となり、この呼び名はこの付近の町が『綱場町』として
      現在も残っています。
      【福岡県神社誌】 (抜粋)
        昭和四年四月九日村社に列せらる。管公御左遷の時、此の袖
        の湊に御上陸あり、その際船の綱を敷き御休息遊さる。後其の
        跡に社殿を建てゝ奉祀し綱敷神社と稱す。
 
               DSC00141.jpg
                       境内案内板
              
祭礼日  7月25日
      (7月25日は道真公の誕生日で、毎年7月24・25日は夜祭
        が行なわれている)
 
                DSC00144.jpg
                      町内子供達の灯籠
                DSC00147.jpg
                   大宰府天満宮名物梅ヶ枝餅露天
                  参拝したのが25日で境内には
                  子供達の手作りの灯籠が飾られ
                  梅ヶ餅が売られていた。
                 DSC00135.jpg
                          神社全景
                 DSC00146.jpg
                            境内梅ノ木
                 DSC00136.jpg
                           額束
                 DSC00138.jpg
                            拝殿
                 DSC00139.jpg
                         本殿(正面)
                 DSC00143.jpg
                      本殿(側面)
             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)