小烏神社

          小 烏 神 社
鎮座地  福岡県福津市中央6丁目9-7
      (JR鹿児島本線福間駅徒歩4分)
        DSC00015_20120622130928.jpg
              神社入口 第一鳥居
ご祭神    少名彦神
        綿津見神
        高龗神(たかうがみのかみ)
      
               闇龗神(やみうがみのかみ)
       少名彦神は薬師神とも称号し、現世医療の神。
       綿津見神は海上諸事を司る守護神。
       高龗神・闇龗神は降雨を司る神。
                     (神社掲示由来書より) 
                 
       また、別の資料によると、
       少名彦神は難産除けの神。
       高龗神・闇龗神は八代龍王の内2躰の龍王の
      ことで、仏教語。綿津見神と異名同躰の神とも云わ
      れ神仏合祀時代より一緒に雨を司る神として祀る
      ようになった。
        DSC00002_20120622162948.jpg
               神社石碑
ご由緒  (神社掲示由緒より)
    
       本社は、その昔蓑生ヶ浜磯の岸辺にあり。元亀
      二年三月河津弾正忠隆裕の建立と伝えられてい
      る。
       当地砂浜不毛の地であったので、慶長五年筑前
      国主黒田長政が国中ご巡幸のとき、この砂浜を見
      て、松林にすべき旨仰せられ、家臣黒田三左衛門
      に命じて松を植林した。
       この松林取締のため、当時那珂郡堅粕村の農
     五戸家を移住させた。
      その後、寛文四年にその子孫が蓑生ヶ浜の神々を
    当地に遷し社殿を建立した。
     昔はこの神社を八大龍王と呼んでいたが、明治25年
   (1892年)に小烏神社にあらためた。
    『福間町(現福津市)史 平成12年福間町史編集委員会編』
     「本殿は、建立年代は棟札に記す安政四年が妥当である。」
 
        DSC00008_20120622162734.jpg 
               御由緒板 
        DSC00001_20120622163201.jpg
                第二鳥居
        DSC00003_20120622163328.jpg 
                   額束
        DSC00014_20120622163503.jpg
                   参道
        DSC00004_20120622163640.jpg 
                 手水舎
        DSC00005_20120622163810.jpg 
                狛犬(吽形)
        DSC00006_20120622163918.jpg 
                狛犬(阿形)
        DSC00007_20120622164029.jpg 
                 拝殿
        DSC00009_20120622164129.jpg 
                本殿側面
        DSC00016_20120622164229.jpg
             拝殿と本殿 側面遠景 
        DSC00012_20120622164337.jpg 
                 境内神社
        DSC00011_20120622164428.jpg 
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)