赤間 須賀神社

               赤間

                                       須 賀 神 社
鎮座地   宗像市赤間6丁目4
ご祭神  素盞鳴尊
      事代主命
      菅原道真
御由緒
  唐津街道 赤間宿の手前右にあります。
  祭神
素盞鳴尊は、初め筑前の国赤馬(間)の庄郡林(現在の石丸区)
  七社神社の境内神社として祀られていましたが、永禄9年に赤馬(間)の
  里の鬼門除け守護神として現在地に還座祀られました。
 『福岡県神社誌』
  
  由緒 不詳。昭和3年11月村村に列せらる。宇古町恵比寿神社本社へ
   合併。社説にいわく。古七社宮の境内に祭られしを永禄9年現在社地に移
   し祀らる。赤間区鬼門除けの故。それより神徳彌々(いよいよ)顕はれ、俗
  に赤間祇園宮と称し地方民の尊崇厚し。
境内神社
  
  大神社(豊受大神)
  恵比寿神社(事代主神)
  菅原神社(菅原道真)
  水神社(美津波龍女神)
  貴船神社(高龗神)
  猿田彦神社  
       DSC00001_20120609140438.jpg 
            唐津街道沿いの鳥居

       DSC00002_20120609140543.jpg
              一の鳥居
        柱に「日露戦役記念・明治37,8年」
             と刻まれている
       DSC00004_20120609140637.jpg
                 額束
       DSC00008_20120609140730.jpg
               二の鳥居
          額束に「祇園社」と書かれている
       DSC00009_20120609140825.jpg
              狛犬(吽形)
       DSC00010_20120609140942.jpg
              狛犬(阿形)
       DSC00013_20120609141042.jpg 
       DSC00012_20120609141142.jpg
              旅順開港記念樹
       DSC00015_20120609141249.jpg 
            三の鳥居から拝殿を望む
       DSC00017_20120609141349.jpg
                  拝殿
       DSC00018_20120609141438.jpg 
                本殿側面
       DSC00019_20120609142020.jpg 
                菅原神社
       DSC00021_20120609142114.jpg 
                豊受大神
       DSC00022_20120609142209.jpg 
               恵比須神社
       DSC00023_20120609142307.jpg
                 石祀
       DSC00024_20120609142408.jpg 
                 石祀
       DSC00007_20120609142558.jpg 
       DSC00005_20120609142710.jpg             
      境内入口にある「節婦阿政(おまさ)」の碑
        お政は父の遺言で貧しい本家の息子と
         許婚の約束したが、婚礼を挙げることが
         出来なかった。この時、大庄屋との縁談
         が持ちあがったが「父の遺言に背くのは
         親不孝であり、本家を見捨てるのは貞節
         でない」と断っていたが、逃げることかなわ
         ず、婚礼の夜自害した。
         享和元年(1801年)お政18歳。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)