神武神社

         神 武 神 社

 

 

鎮座地 福津市大字津丸字裏谷

   

ご祭神

    カムヤマトイワレヒコノミコト

    神日本磐余彦命(神武天皇)

 

    ヒナイナビイスズヒメノモコト

    媛蹈鞴五十鈴姫命(同皇后) 

     〈大物主神の娘〉

    

 

御由緒 (神社境内の御由緒板転記)

 

当社はこの村の氏神なり。 

神武天皇が東征のおり、この地に暫く鳳輦<(ほうれん)を駐め給う。その陣跡に社を建立す。

神武天皇が天照大神から六世に当り給う故「六権現」と号し奉ると申し伝う。

その後明治に入り「神武神社」と改称す。

 

社殿は昭和47年(1972年)全面改築された。その時大量の土器等が出土したことから、社殿一体は、奈良・平安時代祭祀遺跡であったと考えられる。

 

境内には200年を越す、イチョウ、イヌマキ、イチイガシ、スギなどの大木がある。

 

    ※鳳輦

      屋形の上に金銅の鳳凰を飾った輿。天皇の晴の儀式の行幸用のもの。転じて天皇の乗り物。

 

祭事  拝賀日  1月1日

    宮 座  7月、11月の第2日曜日

DSC00014_20120427183016.jpg

一の鳥居

DSC00017_20120427183243.jpg

二の鳥居

DSC00018_20120427183340.jpg

六権現と記された扁額

DSC00013_20120427183416.jpg

境内案内板

DSC00019_20120427183455.jpg

拝殿

DSC00020_20120427183527.jpg

拝殿

DSC00021_20120427183558.jpg

狛犬 (吽形)

DSC00022_20120427183627.jpg

狛犬(阿形)

DSC00023_20120427183653.jpg

拝殿と本殿

DSC00024_20120427183724.jpg

DSC00025_20120427183832.jpg

摂社

DSC00028_20120427183750.jpg

境内遠景

DSC00030_20120427183944.jpg

参道脇の花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)