伊野天照皇大神宮

九州の伊勢

伊野天照皇大神宮

鎮座地  福岡県糟屋郡久山町大字猪野604

 

御祭神  天照大神  (あまてらすおうみかみ

     手刀裕神  (てじからおのかみ

     萬幡千々姫命(よろずはたちじひめのみこと)

 

合 祀  「水取宮」祭神

      五霊大明神

      住吉三神

      志賀三神

 

御由緒

 

足利時代に伊勢皇太神宮に模して建てられたといわれています。

慶長年間(1661)黒田氏福岡に入封後、代々藩主宗敬厚く、二代藩主忠之は、神主、工匠を伊勢に派遣して伊勢神宮の工法を学ばせ、その秘法を授かりました。後に六代藩主継高の時、1683年に此の地に社殿が移築されました。

斯くて伊勢の例にならい、20年毎に式年還宮を行なうこととなり、昭和62年に、茅葺白木造りから現在の銅板葺に建てかえられました。

社前の清流は「五十鈴川」といい、五十鈴橋がかけられています。

江戸時代は霊地でかつ景勝の地であったことから、博多の人々は、揃っての伊野参りを年一回の行事としていたと伝えられています。

 筑前国続風土記

伊野皇大神宮は民家の東北高き所にあり。うしろに青山高くそびえ、前に緑水清く流る。・・・世に又類すくなき霊地なり。山花紅葉、鹿なき、猿さけび、蛍多く、魚あそぶ・・・・。

 

糟屋郡伊野邑天照大神宮縁起(貝原益軒1691年草)

足利時代の末頃、当時都にあって代々大神に仕えていた豊丹生(ぶにゅう)佐渡守が、故あって都を落ち英彦山の麓に赴くことになった。その時大神のお告げにより神体を捧げて豊前に来、奉祀を続けたが、死後はその子兵庫太夫信宗が志を継いだ。

ある時大神のお告げに「汝我をつれて筑前の国糟屋郡(ごおり)伊野という所に移るべし」とあった。兵庫太夫はその教えに従い、神体を捧持して伊野に行き、お宮を建てて奉仕することとなった・・・・・。

※     豊丹生家の末裔が今も当神社を守っている(筆者記)

 

山満奉献の掲額「雲従龍」

拝殿正面に掲げてある。

易経の文言にあって、聖徳の輝くところ多くの賢人がそれを慕って集まる意で、伊野皇大神宮(龍)の御神徳を崇敬する人々(雲)が多数で集まり、ご加護を得て平和に繁栄することを表した。

 

主な祭礼日

1月 1日    歳旦祭

2月11日    祈年祭

4月下旬の日曜日 春季大祭

奉納武道大会

11月23日    新嘗祭

 

DSC00091

DSC00091

五十鈴川

DSC00091

DSC00091

拝殿扁額(頭山満)

DSC00091

DSC00091

DSC00091

本殿

DSC00091

DSC00091

DSC00091

拝殿

DSC00091

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)