鮭神社

 

 

鮭(さけ)神社

 

 鎮座地 福岡県嘉麻市大隈543

 

御祭神 火々出見尊

  (ホホデミノミコト、山幸彦)

   豊玉姫命

  (トヨタマヒメノミコト、妻)

   葺不合尊

  (フキアエズノミコト、二人の子)

 

鮭の遡上は産卵を伴うことから、鮭大明神は縁結び(良縁)にご利益があると云われています。

 

鎮座地は、遠賀川の上流嘉麻川沿いにあります。

 

鳥居には「寛政元龍次巳酉十二月吉祥日」と刻まれ、社殿の棟札には「宝暦三末年八月吉日」と書かれており、江戸中期から信仰されていたと考られます。

遠賀川の河口芦屋まで十余里、しかもその間にいせきが百以上あり、また水源までは二里に過ぎないこの地まで鮭が無事上ってくれば、その年は豊作であるという言い伝えがあります。

 

境内には、樹高30M,四方に広がる枝張の面積約41㎡、樹齢700年の楠が植えられています(嘉麻市指定天然記念物)。この楠は根元から二股に幹が分かれ、相擁立することから夫婦楠と呼ばれています。

 

境内神社

高木神社・大宰府天満宮・五穀神社稲荷神社・大神社・貴船神社

 

 

※一口メモ(関連観光地)

日々出見尊が海神の国から帰ってきて、上陸したとされる地・・鬼の洗濯(宮崎市青島)

日々出見尊が住んだとされる宮跡・・青島神社

豊玉姫命が葺不合尊を出産されたとされる地・・鵜戸神宮(日南市宮浦) 

尚、初代天皇の神武天皇の父親が葺不合尊です。

DSC00003_20111027143304.jpg  

DSC00022_20111027144943.jpg 

     DSC00008.jpg

    DSC00005_20111027143517.jpg

     DSC00009_20111027143833.jpg

     DSC00013_20111027144514.jpg

     DSC00011.jpg

    DSC00010_20111027144248.jpg

     DSC00026_20111027145108.jpg
夫婦楠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)